高知・仁淀川町 山のめぐみ舎|池川こんにゃくとお山のもの

2020/11/09 21:14

こんにゃく芋から作る「生芋こんにゃく」

生芋こんにゃくを知っていますか?

こんにゃく芋から作る生芋こんにゃくは
こんにゃく芋が育つ山間地でしか流通していない
貴重な食べもの。

市販のこんにゃくのほとんどはこんにゃく粉が使われています。
こんにゃく粉は精製されているので、風味や栄養も捨てられてしまっています。


こんにゃく芋から作る生芋こんにゃくは、風味と食感が全く違います。


私は神奈川県出身で2013年に高知県仁淀川町に移住しました。

そこで出会った、【池川こんにゃく】 は
地域のお母さんグループが繋いできたおこんにゃく。


町内で収穫されたこんにゃく芋をコトコトと2時間炊き
スプーンでごつごつの芋の皮をむきます。


ミキサーにかけ1時間おき、バタ練り機で練り
硬さを調整し、凝固剤を入れてから
一つ一つ丁寧に手で丸めています。

初めて食べた時の味は忘れられません。
今まで食べてきたこんにゃくとは全くの別もの!!

この美味しさを伝えたくて、全くのゼロから修行し
池川こんにゃくを繋ぎ7年目となりました。

こんにゃくの美味しいレシピ


こんにゃくの美味しい食べ方は?

こんにゃくは炊き立てのお刺身が一番おいしいです。
ぷりっぷりの食感、丸ごと1つぺろりと食べてしまうおいしさ!

この美味しさを伝えるには
こんにゃくを作ってもらわないと難しいです。
もしくは、山のめぐみ舎でこんにゃくつくり体験をしていただく。


本物の美味しさをお届けしたくて
こんにゃくを毎週火曜日に製造し、お届けしています。

手作りこんにゃくの作り方


手作りこんにゃくを作ってみたい方には
こんにゃく芋をこの時期のみの期間数量限定で販売しています。

こんにゃく芋は一般には流通しない貴重なもの。
気になる方はこちらから。

ネットでもたくさん出ていますが、
こんにゃくつくりのご質問にもお答えします。

手作りこんにゃくのアク抜き


池川こんにゃくにアク抜きは不要です。
なぜなら、お母さんたちが長年の研究の末に弾き出した
微量なちょうどの分量で作っているから。

アク抜きなしで、届いたらそのまま切ってお刺身で食べられます。
本物のこんにゃくをぜひ、お試しください😃

池川こんにゃくのご注文はこちらから
10月から6月までの期間限定販売となっております。