高知・仁淀川町 山のめぐみ舎|池川こんにゃくと里のもの

2020/01/10 10:16

生芋から手作業で作る貴重な池川こんにゃくのこと。


愛媛県との県境、美しい仁淀川の上流に位置する
高知県仁淀川町では、
自然豊かなお山でたくましく育ったこんにゃく芋で
お祭りや季節の行事ことに各家庭で
手づくりされてきたご馳走でした。



こんにゃくを作るのによい大きさ(ソフトボール位)に
なるまで約3年!かかります。

9月後半お彼岸すぎころから傷つけないように
手で掘った後はハウスで2ヶ月くらい乾かし
1月からはスプーンでの皮はぎ作業。

ことことと2時間炊いて、手作業でスプーンで皮をはぎます。
でこぼこしてるのやするっとむける芋。
黒いところや芽のでるえぐいところを除いて
1年分を冷凍保存します。

続きは次回に。
ほんものの味池川こんにゃくはこちらから。
https://www.yamanomegumi-ikegawa.net/